【最新】本当に役にたったおすすめ転職エージェントと転職サイト活用方法

私自身が体験した転職活動で、実際に役に立った転職エージェントをご紹介します。
少しでも転職活動を考えた方は、まずはいくつかの転職エージェントに登録するのをおすすめします。

重要なのは、自分にあった転職エージェントをみつけること。
そして自分にあった転職先をみつけることです。

一方、気をつけなければ行けないことは、転職エージェントに登録するだけでは、
自分自身の市場価値・マーケットバリューを最大化することは出来ません

あくまでも登録した上でうまく活用するという視点を忘れないようにしてください。
おすすめポイントを踏まえて紹介していきます。

目次

1.もっともおすすめな転職エージェント【必ず押さえよう】

まずは定番中の定番エージェントを3つご紹介します。

リクルートエージェント

recruitagent

おすすめ度:
公式サイト:https://www.r-agent.com/

doda転職エージェント

doda

おすすめ度:
公式サイト: https://doda.jp/

パソナキャリア

pasona

おすすめ度:
公式サイト: https://www.pasonacareer.jp/

上記3つのエージェントは総合力が特徴です。

私は転職活動するときもしないときも、この3社には登録していました。
定期的に案件の提案をもらったり、ときには最近の案件を聞いたりするなど、
自分の市場価値の確認や求人市場の状況をヒアリングするなど、活用しています。

ただ正直なところどのエージェントもたくさんの求人案件を送ってくれますが、割と幅広く数撃ちゃ当たる作戦なのか精度はいまいちでした。

また、パソナキャリアに関しては、女性にとって働きやすい職場を、一緒に親身になって探してくれるエージェントが多いのが特徴です

活用の仕方

これらのエージェントは多くの案件を持っているので、ある程度こちらから希望の条件を伝えて案件を絞ってもらうのがいいでしょう。
年収、職種、勤務時間やカルチャーなどの会社の特徴、地域、転勤有り無しなど、なるべく詳細に伝えて絞りながら、かつ相談しながら理想の会社を絞り込んでいってください

2.特定の求人をおすすめしてくれる 転職エージェント

自分に合った求人を提案してくれる転職エージェントは下記の3つです。ある程度自分のす進みたい方向性が定まってきたら、それに応じて相談してみるのが良いです。

type転職エージェント

type

おすすめ度:
公式サイト: https://type.career-agent.jp/

Geekly(ギークリー)

geekly

おすすめ度:
公式サイト: http://geekly.co.jp/

JACリクルートメント

jac

おすすめ度:
公式サイト: http://www.jac-recruitment.jp/

これら3社は、多くの求人を出してこない代わりに、自分に合ったものを提案してくるタイプのエージェントです。

あまり紹介が多くないので不安になるかもしれませんが、提案数に対して自分に合う確率が高くなるので、時間が無い方にもおすすめです。

提案型ということもあり、1つ1つの求人に時間をかけてくれるのもありがたいので、「本当に自分のことを考えてくれている」と感じながら、進めることが出来ます。

一方、提案される求人自体は特別なものではなく、転職エージェントが選んだものですのであしからず。あくまでも選定作業を代わりにやってくれている、という形になります。

活用方法

自分がどんな求人を目指しているのか、どんなキャリアプランを考えているのかを、できるだけ明確に伝えましょう。

それに対して具体的んあ提案をしてくれるので、それが合っていないか合っているかをきちんとキャッチボールすることによって、より精度が高い提案をもらうことができ、良い転職先が見つかる可能性が高まります。

3.本格的に転職活動をしていなくても相談に乗ってくれる 転職エージェント

そもその転職活動をしようにもどんな求人があるか分からない。良い求人があれば考えたいという方は、まずは相談に乗ってくれる下記の2つに登録しましょう。

意外と思っても見なかった良い案件が転がってくることがあります。

ビズリーチ

bizreach

おすすめ度:
公式サイト:https://www.bizreach.jp/

キャリアカーバー

careercarver

おすすめ度:
公式サイト: https://careercarver.jp/

それぞれに様々なヘッドハンターが登録していて、自分に合った求人を提案してくれる、もしくはこちらからヘンドハンターを検索することが出来ます。

どこにも出ていない求人を提案してくれるというわけではないですが、もらった提案にのるか乗らないかは自分で決めることが出来ますし、転職エージェントの担当がつくと言うよりかは、自分で担当を見つけに行くことができるので、「担当変えてほしいな、、、」という悩みを持つことは少ないです。

本当に色々なタイプの転職エージェントが登録していて、中小希望の会社や個人でやっている方など、なかなか大手では持っていない、特定の企業と深くつながった転職エージェントの方ももいらっしゃります。場合によっては、「社長 or 役員と仲がいいので、カジュアルに会ってみる?」というような提案も合ったりしました。

損をすることはないので、面白そうだと思ったら一度会ってみることをおすすめします。

活用方法

まずは色々なエージェントをサイト内で探してみてください。エージェント側から提案があることもありますが、重要なのはお互いが意気投合すること。

企業側も誰から紹介されたかを重要視していますので、慎重に選びましょう。選び方かわからない場合は、まず複数人にあってみるところから始めるのがおすすめです。そこで自分なりの軸が出来てからが、本当の転職活動のスタートです。

4.外資系に強い 転職エージェント

英語をある程度話せる、帰国子女、外資系を目指したい、などという方には、外資系をメインに扱っているエージェントが最適です。

ロバート・ウォルターズ

robertwalters

おすすめ度:
公式サイト: https://www.robertwalters.co.jp/

マイケル・ペイジ

mp

おすすめ度:
公式サイト: https://www.michaelpage.co.jp/

自分自身が「なぜ外資系を目指したいのか?」ということを考えた上で、その理由をきちんと伝えれるようにしてください。あんまり思いつかなければ、例えば英語を使った仕事がしたいでももちろん良いです(TOEICやTOEFLのスコアを上げておくことをおすすめします)

外資系は総じて給与は高いですが、日本企業とはまた違った文化があります。とはいえ、外資系企業の中にも日本法人は日系企業のような文化がある場合もあるし、バリバリ外資系の文化の場合もあるので、求人を探しながらその会社の文化を聞いてみることをおすすめします。

ちなみに、私がインターンをしていた外資系の戦略コンサルティング会社は、中身はド日本企業でしたw

活用方法

あまり自分を高く見せすぎても低き見せすぎてもよくありません。自分自身を客観的に見た上で伝えられるよう、可能であれば周りに友人や同僚に自分の評価をしてもらいましょう。

また外資系の企業に勤める人の事前にヒアリングするなどしてから、エージェントとも面談するのがおすすめです。

英語の履歴書や職務経歴書には、日本語の場合と違うコツがありますので、事前に準備する、もしくはエージェントに相談しながら作り上げていくのがおすすめです。

5.重要なのはあなたが人生で何を成し遂げたいか

転職エージェントに登録するのは手段の一つです。転職でさえもそうです。

本当に転職が良い選択なのか?ということは改めて考えるべきです。
社内で別のポジションを探す、海外赴任する、フリーランスになる、自分の会社・お店を設立するなど、転職以外にも様々な選択肢があります。

重要なのは、あなたが人生において何を成し遂げたいのか?ということであり、まずはそれを真剣に考えることをおすすめします。別記事で書いた、自分の市場価値を測る、というのもぜひやってみてください。

その上で、そのGoalを達成するために次のキャリアステップを考えるのがベストでしょう。ぜひこの機会に一度真剣に考えてみてください。

考えを書き出したり、誰かに話しを聞いてもらうなりして、アウトプットすると良いですよ。

この記事を書いた人

元上場企業の新規事業部 | 0から事業を立ち上げるべくベンチャーの世界へ | 現在はあるベンチャーでビジネス責任者 | 米国トップMBA校卒 | ベンチャー転職術、MBA受験、ブログ運営術などを発信 | 大の犬好き

目次
閉じる